河川や氷河のキャパシティーなどについて勉強した

堆積などについて教育しました。砕せつ物は陸から出るので、とりわけ大量の砕せつ売り物が堆積やる会社は大陸と海洋との境界四方だ。河川によって陸から海に運び込まれた大量の土砂は、主に大陸棚や大陸斜面の麓に太く堆積する。一方、大きな海洋のメイン(通常は水深3〜5kmの深海)は、大陸斜面から遠すぎるので、河川による陸からの堆積物は到達しません。そのかわりに、風で運ばれる微細な粒子と海洋外面に済むプランクトンの遺骸などが極ゆっくりと堆積する。現在の太平洋やインド洋メインの深海にその例が見られます。陸上でも湖沼・河川・氷河そして砂漠などで、総量は数少ないが個々特徴的な堆積売り物が形成されます。陸から堆積売り物が運び込まれ、また化学的沈殿感化の行われる海底には、さまざまな物質が堆積しています。このようなことを教育しましたが、知らなかった部分のほうが多かったので、時間があるときに復習したいと思います。すっぽん小町 販売店

河川や氷河のキャパシティーなどについて勉強した